月別アーカイブ: 2018年3月

オルチニンの摂取量は1日につき500mg~1000mg程度です

オルチニンの摂取量については、目安となるのが1日につき500mg~1000mg程度です。500mgから1000mgでは幅があり過ぎると感じるかも知れませんが、これは個体差に対応するためです。ひとそれぞれ身長も体重も違いますし、胃腸の機能にも差があります。自分の適正量を知るには、服用する量を_日変えながら、自分にあった適量と飲むタイミングを見極めるようにして下さい。オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 本来アミノ酸というのは、タンパク質の元になる物質です。そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊でタンパク質を構成することのない遊離アミノ酸が元になっています。遊離アミノ酸は血液の中に存在しています。そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。適量のオルチニンを摂取すれば、肝臓の機能を高め二日酔いや悪酔いを防いでくれるのです。オルチニンは人間の体内では生成されませんから、食物等から取り入れなくてはなりません。とはいえ食事を通して必要な量を摂ろうとすると膨大な量の食事が必要になります。十分なオルチニンサイクルの活性化に必要なオルチニンの量は人によって違いますが、1日に400mgくらいが平均的な量です。それをしじみ(オルニチン含有食物の代表格)で摂ろうとすると一日1000個以上になります。オルニチンは肝臓の働きを助けてくれるため、アルコールの効率的な代謝やデトックスにも高い効果があります。そのため、二日酔いの予防や、酔い自体の回りを遅くしてくれる効果も期待できるでしょう。持ちろんオルチニンを摂取していても、調子に乗ってアルコールを摂り過ぎると、これまでよりも肝臓の状態を悪化指せかねないので注意が必要です。オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではTCAサイクルという働きもおこなわれます。これは、肝細胞内のミトコンドリアで機能している代謝回路で、炭水化物・たんぱく質・脂質からATP(アデノシン三リン酸)をつくり出すものです。筋肉はこのATPをエネルギーとしているため、生命活動の維持には絶対必要なものです。そして、アンモニアはあろうことか、このTCAサイクルを妨げることがわかっています。オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは人によって違うでしょう。ただ、一般的なオルチニン摂取の目的は、肝機能を上げて回復力を高めることにより、体の中の脂肪を燃やすということです。アルコールの飲み過ぎで、数値が悪くなっている方、肝臓が弱ってしまっている方や、脂肪を落としたい方には、最高の成分だと言えるでしょう。他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、人気のサプリメントにもなっています。オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。筋肉や筋力をアップ指せたい、トレーニング好きな男性にも御勧めです。 健康のためだけではなく、スッキリした見た目を実現するために、オルニチンサプリを飲む女性も、ますます多くなっています。肝臓は、70~80%を切り取っても、わずか半年で正常な状態に回復するほど再生能力が強いため、少々のダメージを与えられたくらいでは特に問題なく働きつづけます。そのため、肝臓の不調に本人に自覚症状が現れないことも多く、実際に症状が現れた時には病変が進んで手遅れになっていることも多く、このため肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれてもいるのです。オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールが分解され、さらに有害なアンモニアが解毒されるため、素早いアルコール処理が可能です。オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、当然、お酒を飲む前にサプリを飲んだほうがよいでしょう。最悪、酔いつぶれる前には飲んで下さい。その後は眠っている間にもオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解が速やかにおこなわれるでしょう。オルニチンサイクルによって、アンモニアは尿素に変えられて、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として体外に排出できます。一方オルチニンが足りなくなってオルチニンサイクルが機能しなくなり、アンモニアが増えてしまってオルニチンによる処理が十分に追いつかなくなると、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、すさまじくの負担がかかってきます。お世話になってるサイト⇒オルニチン サプリ ランキング