腎臓病に使う低たんぱく食品

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ働きとしては体内の不要な老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)を外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓の治療はもちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大切なんですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切なんです。 CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、その他にもカロリーが不足するなどで、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。一日のご飯の種類や量についてや、また献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べる事によって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。肉や魚その他卵や豆腐はかなりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質がふくまれているわけです。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を含んだ老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまいます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物にくらべてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。腎臓病におけるご飯療法の意味合いは、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、体調を良好に保つことにあります。透析導入前の保存期の方であれば、ご飯療法を元に腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせる事が可能です。実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は大きな意味を持ちます。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理を行う際の形状・水量・所要時間により相違します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。ご飯で摂取し立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)になり血液中に留まります。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)が増える事になるため、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重を約60kgと仮定すると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で確認できます。このようなご飯療法については、栄養士の指示でいろんな工夫について知る事が可能です。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。こちらもどうぞ⇒低たんぱく食品 通販